ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
オピニオン
人類の資産「既承認薬」の有効活用
井上 和秀
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 55 巻 3 号 p. 189

詳細
抄録

サイエンスが急速な進歩を遂げている現在でも、新薬開発には多額の経費と10数年以上の開発期間を要する。しかし患者の苦しみは今ここにあり、そういう患者救済の一工夫として、既承認薬の中から創薬シーズを探索する試みをエコファーマと称して2007年以来実践してきた。地球環境に優しい化学合成手法のグリーンケミストリーと合体し、グリーンファルマにバージョンアップした。既存薬の適応拡大という視点からはドラッグリポジショニング(DR)の動きが加速してきた。両者ともに既存薬の有効活用という同じ結果を生む。地球と人に優しいグリーンファルマの発展を望む。

著者関連情報
© 2019 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top