ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
目次
目次/特集にあたって/表紙の説明
ジャーナル フリー

2020 年 56 巻 3 号 p. 184-185

詳細
抄録

特集:Common Diseaseの漢方治療の現状
特集にあたって:我が国の人口構成がこの半世紀で大きく変化し,病気を診る視点も複眼化している.また,これまでの進歩による治療薬の発展もあり,様々な薬が開発されてきた.その中で漢方薬に関しても,新たな知見が得られるなど進展が見られている.そこで,2020年現在の漢方薬の現状をCommon Diseaseの範疇において理解し,さらなる発展を期待して今回の特集号を組んだ.各論的事項から読んでも,総論的事項から読んでも,漢方薬の現時点での有用な地歩は理解できるのではないか.また,傷寒論や金匱要略のみならず,明清時代の治療にまで範囲を広げて収載した.きっと,皆さんのお役に立つと思う.是非一読いただきたい.
表紙の説明:日本薬学会キャラクターの長井くんがインフルエンザの患者に対して,漢方薬の麻黄湯(左上:杏仁,左中:桂皮,左下:甘草,中央上:麻黄)か,抗ウイルス薬のオセルタミビル(右上の構造式)か,状況によっては解熱剤のナプロキセン(右下の構造式)を処方するか悩んでいる様子を描いた.本号では,漢方の話題が中心であるが,通常の治療との対比で理解していただけると幸いである.

© 2020 The Pharmaceutical Society of Japan
次の記事
feedback
Top