ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
ミニ特集 最前線
三者複合体形成型ABCトランスポーターMacBの構造解析
岡田 有意村上 聡
著者情報
ジャーナル 認証あり
電子付録

2020 年 56 巻 6 号 p. 499-503

詳細
抄録

MacBは、外膜貫通チャネルTolCと膜融合蛋白質MacAと共に三者複合体を形成し、2重の膜構造を持つグラム陰性菌において、マクロライドなどの基質を細胞外へと排出するABCトランスポーターである。MacBは、細胞質膜において単独で働くABCトランスポーターとは異なり、同じく三者複合体として働くRND型トランスポーターと同様に、ペリプラズムから基質を取り込み、排出を行う新たな機構が提案された。

著者関連情報
© 2020 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top