ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
目次
目次/ミニ特集にあたって/表紙の説明
ジャーナル フリー
電子付録

2021 年 57 巻 2 号 p. 82-83

詳細
抄録

ミニ特集:生薬・薬用植物研究の現在とこれから
ミニ特集にあたって:生薬や薬用植物は,漢方薬の構成生薬として,また医薬品化合物の原料などとして用いられている.本ミニ特集では,薬用植物の国内栽培化や優良種苗供給,生薬の品質確保と制度的な取り組み,生薬マオウやブシの薬理作用の解明,そして漢方薬における生薬の働き,そしてそれら生薬・薬用植物研究の展望について,それぞれ専門の先生方にご執筆をいただいた.神農本草経などに記載される生薬や薬能が,現代の科学で解きほぐされ,臨床にも役立っている.本ミニ特集が,この温故知新の世界を知っていただく一助になれば幸いである.
表紙の説明:今年の表紙は,「万葉歌人が詠んだ薬用植物」とした.この新シリーズのトップを飾るのは,山部赤人の詠んだ「春の野に すみれ摘みにと 来し我そ 野をなつかしみ 一夜寝にける」である.現代文に直訳すれば,「春の野原にスミレを摘みに来た.野辺の美しさに心ひかれて、ここでつい一夜を明かしてしまったなぁ.」この時,赤人は何スミレを見たのか,何を想ってこの歌を詠んだのか,電子付録では,赤人の思いを妄想しつつ,スミレについても蘊蓄を述べることにする.

© 2021 The Pharmaceutical Society of Japan
次の記事
feedback
Top