日本水産工学会誌
Online ISSN : 2189-7131
Print ISSN : 0916-7617
ISSN-L : 0916-7617
デジタルビデオカメラによるオオクチバスの遊泳行動解析
光永 靖清水 孝士鈴木 勝也山根 猛
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2005 年 41 巻 3 号 p. 245-250

詳細
抄録

近年普及してきたデジタルビデオカメラ(DV)を用いて,オオクチバスの遊泳行動を簡易的に解析した。回流水槽内で強制的に遊泳させ,遊泳フォームをDVにより撮影した。オオクチバスは1.17±0.16 TL/sec(対全長比速度)以上で一定の尾鰭振動数と振幅で遊泳したが, 1.88±0.24 TL/sec 以上ではBurst-and-coast遊泳を示し, 3.29±0.92 TL/sec 以上では遊泳の持続が不可能であった。大型アクリル水槽内でキンギョを餌として与え,一連の捕食行動を正面と側面に設置した2台のDVで撮影した。最高遊泳速度,加速度はそれぞれ, 5.8 TL/sec, 8.5m/sec^2に達した。低い耐久力と高い瞬発力に特徴付けられる遊泳は,待ち伏せ型であるオオクチバスの捕食戦略を反映している。

著者関連情報
© 2005 日本水産工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top