日本水産工学会誌
Online ISSN : 2189-7131
Print ISSN : 0916-7617
ISSN-L : 0916-7617
研究論文
小型漁船への影響を考慮した海洋波の時系列データの線形性の検証
上野 公彦 村上 敬
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 58 巻 2 号 p. 109-114

詳細
抄録

海洋波の時系列データを線形確率過程として取り扱うことによって海洋波の研究が発展してきた。しかし,これらは微小振幅波理論に基づいているため制約がある。この理論では海洋波の時系列データの不規則性は多数の成分波の線形重ね合わせによるものとされている。したがって,計測された海洋波の時系列データが十分な線形性を有していない場合,パワースペクトラム密度関数等による解析や評価は不十分にならざるを得ない。本研究ではフェイズ・ランダマイズド・サロゲートデータを用いて計測された海洋波の時系列データの線形性を評価する方法について論じる。具体的には計測された時系列データの再構成軌道の幾何学的特徴を定量化することにより評価する。

著者関連情報
© 2021 日本水産工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top