日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ミニ総説「アルツハイマー病治療薬の現状と今後の展開」
メマンチンによる治療:MK-801との相違
加藤 武
著者情報
ジャーナル フリー

124 巻 (2004) 3 号 p. 145-151

詳細
PDFをダウンロード (269K) 発行機関連絡先
抄録

メマンチンは中等度,重度のアルツハイマー病(AD)の治療薬としてEUとアメリカで承認されている.メマンチンはMK-801やフェンシクリジン(PCP)と同じ非競合的NMDA受容体阻害薬であり,虚血が引き起こすグルタミン酸過剰放出による神経細胞死を防ぐ.これらの薬物はマグネシウムイオンと同じイオンチャネル結合部位に作用する.しかし,MK-801やPCPは統合失調症様症状を引き起こし,ADの治療薬としては使用されていない.メマンチンには類似の毒性はない.また,大脳皮質でのアセチルコリン放出は起きない.メマンチンとMK-801との相違の機構はまだ解明されていないが,メマンチンはマグネシウムイオンと同様に電位依存的にイオンチャネルへ結合し,解離するためと考えられている.今後メマンチンに関する基礎的,臨床的研究が進み,機構が解明されるであろう.

著者関連情報
© 2004 公益社団法人 日本薬理学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top