J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本薬理学雑誌
Vol. 125 (2005) No. 2 P 68-70

記事言語:

http://doi.org/10.1254/fpj.125.68

ミニ総説:情動のメカニズム研究の最近の進歩 ―動物からヒトへの外挿

扁桃体は,自己の生存にとってそれぞれ有益および有害な刺激に対する快および不快情動の発現(生物学的価値評価)に関与する.一方,ヒトの扁桃体損傷例や自閉症患者の研究から,扁桃体は,これら情動発現だけでなく,表情認知など人間生活に必須な社会的認知機能(相手の情動や意図を理解する精神機能)に中心的な役割を果たしていることが示唆されている.さらに,われわれの神経生理学的研究によると,サル扁桃体には,価値評価に関与するニューロンおよび相手の表情に識別的に応答するニューロンが存在する.以上から,生物学的価値評価と社会的認知の2つのシステムが扁桃体に存在し,2つのシステムが並列的に機能している仮説的神経回路を提唱した.

Copyright © 2005 公益社団法人 日本薬理学会

記事ツール

この記事を共有