日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
特集:慢性咳嗽治療を理解するための基礎と臨床
Transient receptor potential(TRP)チャネルと咳嗽
塩谷 隆信佐藤 一洋佐野 正明渡邊 博之
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 131 巻 6 号 p. 417-422

詳細
抄録

●カプサイシン受容体はTRPV1と呼ばれる陽イオンチャネルから構成されている.●TRPV1はカプサイシンのほか,酸,熱刺激,アナンダマイド,ブラジキニンやlipoxygenase (LOX) productsなどの炎症性物質でも活性化される.●TRPV1は気道C線維末端に多く発現し,神経原性炎症により活性化され咳嗽反射を亢進させる.●TRPV4も神経原性炎症の病態生理に重要な役割を演じている.●TRPV1拮抗薬は将来的に咳嗽治療薬として大いに期待される.

著者関連情報
© 2008 公益社団法人 日本薬理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top