日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
総説
小胞体Ca2+放出におけるTRICチャネルの生理的役割
山崎 大樹山本伸一郎竹島 浩
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 135 巻 3 号 p. 99-103

詳細
抄録

細胞内Ca2+ストアである小胞体からのCa2+放出は,リアノジン受容体とIP3受容体の2種のCa2+放出チャネルにより仲介され,様々な細胞機能を制御する.しかしながら,小胞体Ca2+放出の活性化,不活性化や生理的調節の分子機構,さらにはCa2+放出シグナルの時空間的多様性の発生機構やその情報が細胞機能に変換される機構には依然として多くの謎が残されている.数年前に当研究室で分子同定されたTRIC(trimeric intracellular cation)チャネルは,細胞内膜系に存在する新規膜タンパク質である.動物組織にはTRIC-AおよびTRIC-Bの2種類のサブタイプが独自パターンで分布し,多くの細胞系で両者の共発現が観察される.約300アミノ酸より構成されるTRICチャネルは3本の膜貫通セグメントを有し,N末端が小胞体内腔に,C末端が細胞質側に配向していることが予想され,さらにホモ3量体を形成する.高純度に精製したTRIC-Aタンパク質を人工脂質二重膜に再構築した電気生理学的検討において,TRIC-Aは一価陽イオン選択的チャネル活性を示し,細胞内膜系において主にK+透過性チャネルとして機能するものと考察される.TRIC-A欠損マウスはほぼ正常に成育・繁殖する.一方,呼吸不全による新生致死性を示すTRIC-B欠損マウスでは,II型肺胞上皮細胞における小胞体Ca2+放出の障害が原因となり,肺胞膨潤に不可欠なサーファクタント合成・分泌が障害される.さらに,両TRICサブタイプを同時欠損した変異マウスは胎生10日程で心不全となり,その変異心筋細胞では小胞体Ca2+過剰貯留などの小胞体Ca2+ハンドリングの破綻が観察される.Ca2+放出に際して小胞体内腔に発生する負電荷を瞬時に消去することが,Ca2+放出の効率化に必須であると予想されており,カウンターイオンによる電荷の中和が古くから想定されてきた.上述の実験結果は,TRICチャネルが小胞体Ca2+放出と同調してK+を小胞体内腔に導くカウンターイオンチャネルとして機能していることを示唆する.

著者関連情報
© 2010 公益社団法人 日本薬理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top