日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
創薬シリーズ(5) トランスレーショナルリサーチ(1)
本邦におけるトランスレーショナルリサーチのあゆみと今後の展望
大野 隆之永井 洋士福島 雅典
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 135 巻 5 号 p. 190-193

詳細
抄録

トランスレーショナルリサーチ(TR:Translational Research)とは,アカデミアや研究機関等の基礎研究から生まれる多くの成果(シーズ)から有望シーズを選抜し,非臨床・臨床試験での検証を通じて新規の医薬品や医療技術として実用化へつなげる(橋渡しする)研究・事業として位置付けられている.近年,ゲノム科学や再生医学等の発展により遺伝子や細胞を用いた新規治療法等の実現へ向けた基礎研究の成果が多く挙がっているが,その大半が実用化されていない.その実用化のためにTRの重要性が認識され,臨床開発の基盤整備とともに,シーズ開発が強力に進められている.

著者関連情報
© 2010 公益社団法人 日本薬理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top