日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
特集:iPS 心筋を用いた創薬研究~最先端イメージング技術・AI 導入により加速するプラットフォーム構築と実用化に向けた課題
機械学習を用いた幹細胞研究
湯浅 慎介
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 155 巻 5 号 p. 309-311

詳細
抄録

人工多能性幹細胞(iPS細胞)をはじめとする多能性幹細胞は近年,様々な用途で期待されている.具体的には再生医療,病態解明研究,薬剤スクリーニングなどがある.iPS細胞を用いる際には,目的とする細胞に分化誘導し用いる.一般的に,同分化細胞を識別する際には,免疫染色などの分子生物学的手法を用いて可視化して識別される.一方で,近年の人工知能の進歩は著しく,すでに画像認識分野においては顔認識や自動運転など日常生活に広く取り入れられている.本研究においては,機械学習を用いた多能性幹細胞研究への応用を紹介する.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 日本薬理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top