日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
ヒ素代謝に関する研究(第20報)―ヒ素剤がラットの発育期の脳におよぼす影響について―
田村 俊吉
著者情報
ジャーナル フリー

1978 年 74 巻 1 号 p. 1-14

詳細
抄録

哺乳期にヒ素剤を与えるとラットの体重,脳重量,脳組成にどのような影響を与えるか実験した.実験はclosed colony(田村,1950)のWistar系albino ratの仔ラット499匹を4群に分け生後7日から21日まで対照群にはarabia gum懸濁液を,ヒ素剤投与群にはAs2O3 1.5,15mg/kgおよびヒ素混合物As2O315mg/kgをそれぞれ毎日一定時投与し,生後3週ならびに15週で実験測定した.死亡率は対照群,ヒ素剤少量投与群ではいずれも10%内外でヒ素による影響はなかったが,ヒ素剤大量投与群ではいずれも50%近かった.ヒ素剤を少量,または大量投与してもラットの体重,脳重量,脳組成はOrienta1および粉乳両飼料群,また雌雄いずれもヒ素剤による影響はなかった.本実験の結果,ヒ素剤の少量または大量投与はラットの体重,脳重量,脳組成に影響をおよぼさないことがわかった.

著者関連情報
© 社団法人 日本薬理学会
次の記事
feedback
Top