日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
発達薬理試験に関する研究(第1報)―Pentazocine HClの周生期投与による生活機能試験―
府川 和永沢辺 隆司河野 修畑中 佳一田内 清憲川西 廣明斉藤 章二
著者情報
ジャーナル フリー

1978 年 74 巻 1 号 p. 111-128

詳細
抄録

周生期および授乳期における薬物投与の母獣(F0)および産児(F1)におよぼす影響,とくに中枢神経系,生殖機能の試験についてSD-JCL系ラットを用いて検討した.F0においては200,100mg/kg群に,投与後一過性の流涎がみられ,200mg/kg群の一部に自発運動の低下,呼吸抑制,正向反射消失,間代性痙攣がみられたが,妊娠および哺育期間中の体重変化および摂飼量に影響はみられず,分娩,哺乳,離乳後の剖検にも影響はみられなかった.F1における新生児数および出生率に影響はなかった.新生児および哺育児の体重が軽度に劣るものがあったが,生後発達としての形態分化の状態および時期において影響はみられず,性成熟状態,生殖機能においても影響はなかった.F1における平衡感覚,運動などの神経機能,さらにはopen-fieldにおける社会性,競合性などの精神機能については何れも影響はみられなかった.

著者関連情報
© 社団法人 日本薬理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top