日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
Oxatomide(KW-4354)の薬理作用 第2報 抗アレルギー作用
大森 健守石井 秀衛平山 滝幸周藤 勝一中溝 喜博
著者情報
ジャーナル フリー

1982 年 80 巻 3 号 p. 261-270

詳細
抄録

Coombs and Gellのアレルギー反応の分類に従い,種々の動物実験モデルを組み,これらにおよぼすoxatomideの影響を検討し,以下の成績を得た.1) oxatomideはtype 1のラット48時間homologous PCAおよび受動感作モルモット気道収縮反応を用量依存的に抑制した.2) oxatomideはtype 2の免疫溶血反応,Forssman全身反応,抗ラット血清家兎血清によるラット皮膚浮腫および足蹠浮腫反応に対しては影響をおよぼさなかった.3) oxatomideはtype 3のモルモット能動的アルツス反応に対して,抗原投与初期の炎症を用量依存的に抑制したが,抗原投与3~4時間以後の反応には影響をおよぼさなかった.4) oxatomideはtype 4のマウス遅延型アレルギー性皮膚炎症反応および足浮腫反応には影響をおよぼさなかった.

著者関連情報
© 社団法人 日本薬理学会
前の記事
feedback
Top