日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
KG404のアナフィラキシー性気道反応に対する作用
西納 啓吾大橋 光雄原 三郎鈴木 佐枝入倉 勉
著者情報
ジャーナル フリー

1984 年 83 巻 4 号 p. 281-289

詳細
抄録

新しい抗アレルギー薬,3-isobutyryl-2-isopropylpyrazolo〔1,5-a〕pyridine(KC-404)のアナフィラキシー性気道収縮反応におよぼす影響をモルモットおよびラットを用いて検討した.卵アルブミンで能動感作したモルモットにおいて,抗原の静脈内投与による全身アナフィラキシー反応および抗原吸入による気道収縮反応に対するKc-404経口投与の抑制効果は,それぞれ100mg/kgおよび10mg/kgの投与量で認められた.これらの動物をdiphenhydramineおよびatropineで前処置した場合,KC-404の抑制効果は0.25~0.5mg/kg,p.o.の低い投与量において明らかであった・同様に能動感作したモルモットにおいて,KC-404の静脈内投与は抗原によって最大の収縮を生じている気道を拡張させる作用を示し,効力はaminophyllineの約100倍であった.IgE抗体で能動感作したラットにおいて,KC-404の経口投与は1.3mg/kg以上の投与量で抗原によって誘発される血圧低下を抑制し,2.5mg/kg以上で気道反応を抑制した.KC-404 10mg/kg,p.o.の抑制効果は6時間持続した.以上の結果,KC-404はIgEおよびIgG抗体の関与するアナフィラキシー性気道収縮反応を経口投与で抑制することが明らかとなった.さらに,KC-404はアナフィラキシー性気道収縮反応のslow reacting substance of anaphylaxisによって惹起される部分を抑制することが示唆された.

著者関連情報
© 社団法人 日本薬理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top