日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
Trifluoropentoxypicolinic acidの抗高血圧作用 薬物動力学的検討
堀坂 和敬増田 園子
著者情報
ジャーナル フリー

1984 年 83 巻 4 号 p. 301-307

詳細
抄録

ピコリン酸骨格とアルコキシル基より成る二薬物(trinuoropentoxypicolinic acid(TFP)ならびに5-butoxypicolinic acid)の抗高血圧作用の特徴を検討した.比較対照薬物として,化学構造が類似し,ドパミンβ-水酸化酵素阻害を示す降圧薬として知られているfusaric acidを使用した.動物には正常血圧ラットならびに実験的高血圧症ラット(DOCA型高血圧,一腎性高血圧ならびに自然発症高血圧)を用いた.正常血圧ラットに対する降圧効果は,どの被検薬物も10,30および100mg/kg,p.o.において高血圧ラットに対する効果に較べて弱かった,TFPの作用はreserpineの前処置によっても影響を受けず,用量依存的な降圧効果をひき起こした.血清ドパミンβ-水酸化酵素に対して,TFPはfusaric acidと同様の阻害作用を示したが,阻害活性はfusaric acidの約1/2を示し弱いものであった.しかし,TFPの降圧効果は強力で,fusaric acidの1.4倍を示した.薬物血中濃度の経時的推移による薬物動力学的解析において,fusaric acidはTFPに較べると消化管から血中への移行速度が著しく速く,1.6×104倍を示し,そのうえ,血中からの消化速度においても4.5倍速いものであった.以上の結果より,TFPの抗高血圧作用には,まず,ドパミンβ-水酸化酵素阻害の関与があげられる.そのうえに,TFPが血中に未変化の状態で永く存在することにより,TFPの心臓血管系に対する直接的な抑制作用が相加されて,強力な降圧作用をあらわすことが示唆された.

著者関連情報
© 社団法人 日本薬理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top