J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本薬理学雑誌
Vol. 89 (1987) No. 1 P 9-13

記事言語:

http://doi.org/10.1254/fpj.89.9


ヒトの自己免疫疾患である全身性エリテマトーデス(SLE)のモデル動物であるNZB/W F1マウスに,lumin 0.1~100μg/kgを2ヶ月齢から7ヶ月齢まで5ヶ月間連続投与した.その結果,抗一胸腺自己抗体のレベルの上昇を,1~100μg/kg投与により有意に抑制した.また,concanavalin A による suppressor T 細胞の誘導を100μg/kg投与において有意に促進した.更に抗―緬羊赤血球溶血斑形成細胞(PEC)応答および抗―トリニトロフェニル―リポ多糖PFC応答の低下に対し,前者においては100μg/kg投与において,後者では0.1~100μg/kg投与において有意な回復作用が認められた.以上の結果より,luminは免疫疾患マウスにおいて免疫調節作用を示すことが判明した.

Copyright © 社団法人 日本薬理学会

記事ツール

この記事を共有