日本顎関節学会雑誌
Online ISSN : 1884-4308
Print ISSN : 0915-3004
ISSN-L : 0915-3004
症例報告
滑膜性骨軟骨腫症を伴った顎関節ピロリン酸カルシウム結晶沈着症の1例
中岡 一敏齋藤 知之山田 秀典重松 宏昭仲宗根 康成石塚 忠利江口 貴紀濱田 良樹
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 31 巻 3 号 p. 159-163

詳細
抄録

顎関節に発生した滑膜性骨軟骨腫症を伴ったピロリン酸カルシウム(CPPD)結晶沈着症の1例を経験したので報告する。患者は68歳女性で,右側顎関節部の疼痛と開口障害を主訴に来院した。初診時,右側顎関節部の皮下に骨様硬の腫瘤を触知し開口時の疼痛を認めた。患者は約30年前から右側顎関節部に反復性の疼痛と腫脹を自覚していた。臨床所見と画像所見より,右側顎関節腫瘤型CPPD結晶沈着症を疑い,全身麻酔下に腫瘍摘出術を施行した。病理組織学的検索の結果,滑膜性骨軟骨腫症とCPPD結晶の併存との診断を得た。本症例ではCPPD結晶沈着症が先行し,その炎症反応によって滑膜性骨軟骨腫症が誘発されたものと考えられた。術後8年を経過した時点で再発を示唆する所見は認められなかった。

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本顎関節学会
前の記事
feedback
Top