岩鉱
Online ISSN : 1881-3275
Print ISSN : 0914-9783
金雲母を含むスピネルレルゾライトのRb-Sr同位体システマティックスによる北海道幌満かんらん岩体での交代作用の時期と起源
芳川 雅子中村 栄三高橋 奈津子
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 88 巻 3 号 p. 121-130

詳細
抄録

北海道日高変成帯南端部に位置する幌満かんらん岩体中の,金雲母を含むスピネルレルゾライトから, Rb-Sr法を用い23Ma±1.2Maの年代を得た。この年代は,現在までに報告されている日高変成帯の変成岩類の年代中,最も古いものとほぼ一致する。また,この年代は,幌満かんらん岩体がウェッジマントル中にあったときに,交代作用を受けた時期を示していると考えられる。この交代作用は、ユーラシアプレートと北アメリカプレートの衝突による日高変成帯の上昇に伴い幌満岩体上昇期にマソトル条件下で起きたと考えられる。

著者関連情報
© 日本鉱物科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top