言語文化教育研究
Online ISSN : 2188-9600
ISSN-L : 2188-7802
寄稿論文
なぜ物語は実践研究にとって重要なのか
読者・利用者による一般化可能性
柳瀬 陽介
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 16 巻 p. 12-32

詳細
抄録

本論文は実践研究における物語の重要性(および危険性)を,物語概念を理論的に整理することで明らかにした。理論的整理は,心理学者ブルーナーの物語様式の理論を社会学者ルーマンと哲学者アレントの意味理論で補強しながら導入し,さらに歴史学者ホワイトの物語的歴史についての理論を重ね合わせることによって行った。その結果,形式・題材・素材・筋書・言語・基調・実在性の観点において物語を科学規範様式の論証と対比的に特徴づけた。その特徴づけの中で,世界の複合性と人間の複数性を扱いうる意味概念を提示した。さらに,実践的過去を描く歴史叙述と物語の共通性を指摘し,物語の重要性(「私たちは何をするべきか」という問いかけに答えること)と危険性(出来事を単純な教訓話やイデオロギーにしてしまうこと)を指摘した。このような物語は一般化可能性をもつが,それは,実践研究を実践的に読み解こうとする読者の想像力と思考力に応じて得られる読者・利用者による一般化可能性であることも示した。

著者関連情報
© 2018 by Association for Language and Cultural Education
前の記事 次の記事
feedback
Top