言語文化教育研究
Online ISSN : 2188-9600
ISSN-L : 2188-7802
フォーラム
留学生のキャリア意識とキャリア支援の「ずれ」を考える
日本語学校・短大・大学(首都圏・地方)の留学生の語りから
寅丸 真澄江森 悦子佐藤 正則重信 三和子松本 明香家根橋 伸子
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 16 巻 p. 240-248

詳細
抄録

本稿では,言語文化教育研究学会第 4回年次大会(2018年 3月)において筆者らが企画したパネル「留学生のキャリア意識とキャリア支援の『ずれ』を考える ―日本語学校・短大・大学(首都圏・地方)の留学生の語りから」における発表とディスカッションの内容を踏まえ,言語教育者の視点から,日本語学校,短期大学,四年制大学(首都圏・地方)における留学生のキャリア意識と現行のキャリア支援の「ずれ」のありようを報告し,その問題点を指摘する。まず,留学生の語りの事例から,各機関の留学生がどのようにキャリアを捉え行動しているのかを紹介し,言語教育の観点から留学生に必要とされるキャリア支援と実際に提供されているものとの「ずれ」を報告する。次に,「ずれ」の改善のため,言語教育者は留学生と教育機関の双方にどのように関わり,働きかけていけばよいのか,パネルで議論した内容を共有する。最後に,これらを踏まえ,「ずれ」を改善するための今後の課題を指摘する。

著者関連情報
© 2018 by Association for Language and Cultural Education
前の記事 次の記事
feedback
Top