言語文化教育研究
Online ISSN : 2188-9600
ISSN-L : 2188-7802
フォーラム
【講演記録】教育実践を理解するためのバフチン・ダイアローグ論
豊かな異文化交流の実現
田島 充士古屋 憲章
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 16 巻 p. 260-278

詳細
抄録

ロシアの文芸学者・M. M. バフチンのダイアローグ(対話)論を教育実践研究に応用するトレンドは,筆者が専門とする教育 ‐発達心理学において,すでに定着している。実際,バフチンは中等学校の教員として教鞭を執っていたこともあり,教育場面においてみられる具体的な諸現象に対する,彼の議論の解釈力・説明力はかなり高い。しかしバフチンのいう「ダイアローグ」は,慣れ親しんだ仲間同士の会話というよりもむしろ,異質な文化的背景を持つ他者同士のコミュニケーションを志向する概念である。このダイアローグ概念の特殊性を理解せずに,具体的な事象の説明に適用しては,バフチン理論が本来持つ,豊かなポテンシャルを活かしきることはできないように思う。本論では,異文化交流の可能性を拓くという視点から,バフチンの議論を読み解く。また関連する実践研究にも触れ,教育実践の豊かさを理解する上での,バフチン論の魅力について紹介する。

著者関連情報
© 2018 by Association for Language and Cultural Education
前の記事 次の記事
feedback
Top