言語文化教育研究
Online ISSN : 2188-9600
ISSN-L : 2188-7802
論文
弱さを力に変えるコミュニケーション
関係性文化理論の観点から検討する当事者研究
中川 篤柳瀬 陽介樫葉 みつ子
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 17 巻 p. 110-125

詳細
抄録

社会学者のバウマンが指摘する「個人化」の潮流は本来協働的な営みであるはずのコミュニケーションを個人化して考える傾向と連動しているように思われる。しかし,ますます複合的になり,個人で解決困難な問題が増加していく社会においては,多くの人間が協働的に問題への対処を目指すコミュニケーションこそが重要となる。そこで本研究では共同体による問題対処のコミュニケーションについて,精神保健福祉の分野で目覚ましい成果を挙げる当事者研究を題材にして再考した。その際の理論的枠組みは,個人の特性ではなく関係性の特性に注目する関係性文化理論である。再考の結果,当事者研究のコミュニケーションは,特定の関係性を文化として定着させた上でのコミュニケーションであり,その関係性の文化においてコミュニケーションは弱さを力に変えることができることがわかった。

著者関連情報
© 2019 by Association for Language and Cultural Education
前の記事 次の記事
feedback
Top