言語文化教育研究
Online ISSN : 2188-9600
ISSN-L : 2188-7802
論文
言語学習者が行う自己批判の意味
批判理論とフランスの大学日本語専攻課程における実践事例を基にした考察
原 伸太郎
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 17 巻 p. 190-213

詳細
抄録

本稿では,現代の言語教育実践において目指すべき「批判的」とは,学習者の自己批判的態度であることを主張する。そして,その自己批判とは,学習者が「私はなぜその言語を学ぶのか」という理由を他者に説明し,それについての相互的な了解を目指すことだということを,フランクフルト学派の批判理論に基づき理論的に述べる。さらに,自身の実践事例に基づき,学習者の自己批判を伴う批判的言語教育の実現可能性と意味を論じる。

著者関連情報
© 2019 by Association for Language and Cultural Education
前の記事 次の記事
feedback
Top