言語文化教育研究
Online ISSN : 2188-9600
ISSN-L : 2188-7802
論文
タイの中等教育機関で働いていた斎藤先生の日本語教育観は変容したのか
気づきを得ることの難しさ
髙井 かおり
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 17 巻 p. 300-316

詳細
抄録

本稿は,日本語教師が日々の授業を振り返り改善を行っていても,それが教育観の振り返りにはつながっていないことがあるのではないかという問題意識の下,タイの中等教育機関で働いていた斎藤先生にライフストーリー・インタビューを行い,日本語教育観が変容したのかどうかを明らかにし,なぜ変容したのかしなかったのかを考察した。その結果,斎藤先生の日本語教育観は,変容した部分と変容しなかった部分があることがわかった。変容した要因は,斎藤先生がその日本語教育実践に関わるタイ人教師や生徒たちの考え方との異なりから気づきを得たことであった。変容しなかった要因は,逆に異なりがなかったからであった。しかし,異なりがあったからといって日本語教育観の変容につながる気づきを得られるとは限らない。自分(たち)の実践を批判的に振り返り,当然と思われていることでも疑い,問い続けることが重要である。

著者関連情報
© 2019 by Association for Language and Cultural Education
前の記事 次の記事
feedback
Top