言語文化教育研究
Online ISSN : 2188-9600
ISSN-L : 2188-7802
フォーラム
「演じること」による教師の変容の可能性
フォーラム・シアターに参加した日本語教育支援者の語りから
宇佐美 洋岡本 能里子文野 峯子森本 郁代栁田 直美
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 17 巻 p. 383-403

詳細
抄録

日本語教育関係者を対象に,フォーラム・シアター(FT)と呼ばれる演劇ワークショップを実施した後で,参加者に対するインタビューを実施し,各参加者にどのような変容があったかを分析した。その結果,ある参加者はFTへの継続的な参加を経て,ネガティブ・ケイパビリティ(すぐに答えを求めず考え続ける能力)を深化させていったことが確認されたが,一方でFTに明確な終着点を求めてしまう参加者もいたことが確認された。またある参加者は,FTでは「一人称的アプローチ」(自分の内観をそのまま他者に当てはめて理解しようとする)によって他者理解をしようとしていたが,その後他者から「二人称的アプローチ」(対象の情感を感じ取り,対象の訴え・呼びかけに答えようとする)を受けることで,一人称的アプローチから脱却していくプロセスが確認された。このことを踏まえ,この種のワークショップを運営する者に求められる配慮についても論じた。

著者関連情報
© 2019 by Association for Language and Cultural Education
前の記事 次の記事
feedback
Top