言語文化教育研究
Online ISSN : 2188-9600
ISSN-L : 2188-7802
論文
崖っぷちの向こう側に踏み出して
センシティブなテーマを扱ったコミュニケーション教育の実践研究
山本 冴里
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 19 巻 p. 131-153

詳細
抄録

本稿は,留学生と一般学生がともに参加し,英語で実施されるクラスを対象とした実践研究である。そこでは,「ゼノフォビア」「安楽死」「表現の自由」「複言語のコミュニケーション」「性」「難民」「LGBTQ」「ミソジニー」など,センシティブな(センシティブになり得る)トピックについての議論が行われていた。本稿はまた,このクラスの中でも特定の年に実施された特定の実践(以下「あの実践」と呼称)に注目したうえで,実践研究の目的を,「自分自身と読者が『次の実践研究』を考えるにあたっての『リソース』となり得るだけの『ストーリー』を,『あの実践』から掴みだし描ききること」に設定した。そして,それを通して,センシティブなトピックについて,トピックそのものではなく第二言語・外語教育を専門とする教師が扱う際に教師が果たすべき役割について,4点にまとめた。

著者関連情報
© 2021 by Association for Language and Cultural Education
前の記事 次の記事
feedback
Top