日本消化器内視鏡学会雑誌
症例
ダブルバルーン内視鏡ガイド下による 経皮的十二指腸瘻造設術が奏功した輸入脚症候群の1例
春田 英律細谷 好則倉科 憲太郎瑞木 亨宇井 崇矢野 智則山本 博徳菅野 健太郎佐田 尚宏安田 是和
著者情報
ジャーナル フリー

54 巻 (2012) 12 号 p. 3804-3811

詳細
PDFをダウンロード (1052K) 発行機関連絡先
抄録

65歳男性.胃癌と左腎癌に対して胃全摘術・Roux-en Y再建,左腎摘術を受け,術後2年目に輸入脚症候群による敗血症性ショックを発症.Y脚が腎摘部に落ち込み狭窄しており,輸入脚症候群は慢性化し全身状態不良であった.輸入脚内のドレナージと栄養投与を目的に,経皮内視鏡的十二指腸瘻造設術(D-PED)を施行.ダブルバルーン内視鏡を用いてY脚吻合部を逆行し,十二指腸内に経胃瘻的腸用カテーテルを挿入.チューブ先端を輸出脚内に留置した.D-PED後は輸入脚の拡張は認めず,全身状態の改善が得られ,バイパス手術が可能になった.輸入脚症候群の治療にD-PEDを応用した症例の報告はなく,有効な手技と考えられる.

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
前の記事 次の記事
feedback
Top