日本消化器内視鏡学会雑誌
Online ISSN : 1884-5738
Print ISSN : 0387-1207
原著
直腸粘膜脱症候群に対して内視鏡的粘膜下層剥離術が有効であった2症例
辻 剛俊大谷 節哉青木 隼人石井 元津田 聡子中根 邦夫小松 眞史提嶋 眞人
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 55 巻 2 号 p. 250-256

詳細
抄録

直腸粘膜脱症候群(mucosal prolapsed syndrome,以下MPS)は,慢性の便秘や排便時の過度の「いきみ」などの機械的な刺激が原因で直腸の粘膜脱を起こす疾患である.治療法は確立していないが,排便習慣を正常化することが原則であり,病変自体を切除する外科的療法も有効なことが多いが,内視鏡的粘膜切除が有効であったとの報告はない.今回われわれは,隆起型MPSに対し,病変の一括切除と線維化を伴う瘢痕化の形成目的に内視鏡的粘膜下層剥離術(以下ESD)を行い臨床症状の改善を認めた2症例を経験した.隆起型MPSの治療法としてESDは,保存的に改善しない症例において低侵襲で有効な治療になりうると考えられた.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
前の記事 次の記事
feedback
Top