日本消化器内視鏡学会雑誌
Online ISSN : 1884-5738
Print ISSN : 0387-1207
ISSN-L : 0387-1207
手技の解説
超拡大内視鏡(Endocytoscopy system)による食道病変の診断
熊谷 洋一川田 研郎田久保 海誉石田 秀行
著者情報
ジャーナル フリー HTML
電子付録

2017 年 59 巻 2 号 p. 207-218

詳細
抄録

Endocytoscopy system(ECS)は2003年に細胞レベルまで拡大可能な超拡大内視鏡として試作機1号が開発された.現在の第4世代ECSはHi-vision画像で連続して500倍までの拡大が可能となり,市販可能なレベルに到達している.

食道におけるECS観察を効率的に運用するためにType分類を提案した.Type1:核密度が低く観察される扁平上皮細胞はN/C比が低く核異型のないもの.Type2:核密度は高く,細胞間の境界が不明瞭になっているが核異型が弱い.Type3:核密度が高く核異型が観察される.Type3を悪性とすると内視鏡医の診断は感度93.6%,特異度94.0%であり,病理医の判定は感度93.6%,特異度98.8%であった.

食道に対するECS診断はOptical biopsyを実現し生検診断省略を可能にする.しかし,あくまで表面から見た病理診断であり限界も熟知する必要がある.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
前の記事 次の記事
feedback
Top