日本消化器内視鏡学会雑誌
Online ISSN : 1884-5738
Print ISSN : 0387-1207
ISSN-L : 0387-1207
経直腸的前立腺生検後の直腸出血に対し内視鏡的止血術を施行した2例
松坂 浩史淀江 賢太郎山田 隆史兼城 三由紀中村 典資名本 真章重松 宏和千々岩 芳春
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 50 巻 6 号 p. 1455-1460

詳細
抄録

経直腸的前立腺生検を施行後に動脈性直腸出血を伴った2症例に対し緊急内視鏡検査を施行,生検後の直腸前壁から噴出性,拍動性の出血を認めた.それぞれ内視鏡的クリッピング,内視鏡的結紮術(EBL)による内視鏡的止血術を施行し,止血を得た.2症例とも再出血なく,経過良好であった.経直腸的前立腺生検後の高度直腸出血に対し内視鏡的止血術は有用であると考えられた.

著者関連情報
© 社団法人日本消化器内視鏡学会
前の記事 次の記事
feedback
Top