日本プライマリ・ケア連合学会誌
Online ISSN : 2187-2791
Print ISSN : 2185-2928
ISSN-L : 2185-2928
活動報告
亜急性期以降の長期災害医療支援チームの診療記録と処方箋データ解析
芝 祐輔坂井 亮太綿野 亮太奥田 泰考若林 宏海荒川 昌史中澤 寛仁須藤 俊明梶井 英治長谷川 剛岡山 雅信
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 36 巻 1 号 p. 23-26

詳細
抄録

要 旨
目的 : これまで長期災害支援の報告は数少ない. そこで今回我々が経験した東日本大震災の長期災害医療支援として巡回診療で得られた診療記録と処方箋から薬剤関連データを解析した.
方法 : 巡回診療で得られた診療記録と処方箋から患者数と医薬品の処方件数ならびに処方件数の多かった上位3位の医薬品使用量の推移について解析した.
結果 : 患者数は支援を開始した3/26から1週間後の166名/日 (中央値48.5名, 範囲14-166) をピークに減少し, 4/11以降は24名 (中央値)/日 (範囲0-47) であった. 医薬品の処方件数は感冒薬, 降圧薬, 抗アレルギー薬の順で多かった. また医薬品の使用量は感冒薬と降圧薬は時間経過とともに減少したが, 抗アレルギー薬は継続的に処方されていた.
結論 : 災害医療支援チームは被災地の医療機関の復興状況に応じて急性期だけでなく長期の支援を行うべきである. また支援の介入が早いほど, 急性疾患と慢性疾患の両方の治療薬を災害医療支援チームは必要とする.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会
前の記事 次の記事
feedback
Top