日本プライマリ・ケア連合学会誌
Online ISSN : 2187-2791
Print ISSN : 2185-2928
ISSN-L : 2185-2928
総説
診断推論と確率—ベッドサイドでのベイズの定理—
佐々木 春喜
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 36 巻 3 号 p. 191-197

詳細
抄録

臨床検査において感度・特異度などベイズの定理が利用されていた. 近年, 病歴や身体所見の尤度比が報告されるようになり, ベイズの定理を用いたベッドサイドで確率的推論が可能になってきた. ベイズの定理の意味を再確認し, ベッドサイドで加法と乗法を用いた簡便な実用的2段階法を示した.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会
前の記事 次の記事
feedback
Top