言語研究
Online ISSN : 2185-6710
Print ISSN : 0024-3914
論文
広東語の「變音」をめぐる形態要因と構造分析
――その領域拡大と限界点について――
ジョン アルデレティクィーニー チャン田中 伸一
著者情報
ジャーナル フリー

2022 年 161 巻 p. 139-169

詳細
抄録

広東語には,語がもともと持ついくつかの音調のタイプが,ある種の派生環境において高音調HHまたは上昇調MHに中和されるという現象がある。これは形態要因による過程であり,「變音」(changed tone)と呼ばれる。この論文では「變音」をめぐる形態現象について包括的な分析を展開し,この音調変化の現象が個別言語的な要因と普遍的な音韻制約のもとで「音調接辞の付加」により実現されることを示す。特に,この基本的な分析が「變音」を持つ形態統語上の構文(しかも先行研究での分析では十分な説明が与えられていなかったもの)にも広範に当てはまることを立証する。さらには,この基本的分析が未開拓の様々な構文に対してどの領域まで拡大でき,どの領域に限界点があるのかを調査することにより,この研究が理論的分析だけでなく経験的検証にも資するものであることを示す。

著者関連情報
© 2022 日本言語学会, 著者
前の記事
feedback
Top