日本地球化学会年会要旨集
2008年度日本地球化学会第55回年会講演要旨集
セッションID: 3A17 09-06
会議情報
島弧・海嶺衝突帯の火成作用とテクトニクス
中央海嶺沈み込み起源の花崗岩から得られたジルコンのHf同位体比
*昆 慶明平田 岳史小宮 剛安間 了丸山 茂徳
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

『生命』、『海』、『プレートテクトニクス』と並んで、『花崗岩質大陸地殻』の存在は地球を特徴付ける要素であり、その生成プロセスを明らかにすることは地球史を解明する上で非常に重要である。 本研究では、LA-MC-ICPMSを用いてタイタオ半島花崗岩から分離したジルコンの局所Hf同位体比測定を行った。その結果ジルコンの177Hf/176Hfは、現在沈み込む海洋地殻の値と誤差範囲で一致し、およそ0Maのモデル年代が得られた。このモデル年代は花崗岩マグマの原岩がマントルから分離した年代を反映することから、タイタオ半島花崗岩マグマの原岩は古いモデル年代を持つ下部地殻ではなく、沈み込む海洋地殻であることが確かめられた。

著者関連情報
© 2008 日本地球化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top