日本地球化学会年会要旨集
2015年度日本地球化学会第62回年会講演要旨集
セッションID: 1E04
会議情報

G5  海洋における微量元素・同位体
海藻のOs同位体比を利用した海水における人為起源および地質学的起源インパクトの検出
*鈴木 勝彦Adam D. SprosonDavid SelbyKevin Burton
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
PDFをダウンロード (129K) 発行機関連絡先
抄録

海藻,特に褐藻は,海水中のOsを比較的吸着している。海水のOsは濃度が低く,分析が困難である。そこで,海藻のOs同位体比から海水のOs同位体比を決める。現在の海水のOs同位体比は1.0で高いが,精錬所,廃棄物処分場,触媒を使用する化学工場から排出される物質中のOs同位体比は低いために,これらの起源からのインパクトは容易に検出できる。実際,東京湾で採取された海藻はOs同位体比が低く,人為起源物質の影響を受けている。

著者関連情報
© 2015 日本地球化学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top