日本地球化学会年会要旨集
2018年度日本地球化学会第65回年会講演要旨集
会議情報

S01 加速器質量分析によるアンソロポシーンの地球化学
加速器質量分析法を用いた宇宙線生成核種36Clの降下フラックス変動評価
*落合 悠太笹 公和戸崎 裕貴高橋 努松村 万寿美高野 健太太田 祐貴末木 啓介
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 232-

詳細
抄録

36Clは宇宙線生成核種であり、大気中で宇宙線とArとの反応(40Ar(n, 2p3n)36Clなど)で生成される。よって、地表に沈着する36Clは宇宙線強度変動との相関が期待される。本研究では筑波大学構内で一か月ごとに降水を採取した。そして,降水中の36Clを加速器質量分析法(AMS)で測定し,2010年から2014年まで36Cl降下フラックスを評価した。Tosaki et al. (2012) と合わせて、2004年から2014年までの36Cl降下フラックス年平均値は太陽黒点数と相関係数r = -0.4で逆相関することを確認した。ただし、36Clの降下時間を2年と仮定している。また、2011年には福島第一原子力発電所事故によって放出されたと考えられる36Clを観測した。

著者関連情報
© 2018 日本地球化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top