情報地質
Online ISSN : 1347-541X
Print ISSN : 0388-502X
ISSN-L : 0388-502X
研究ノート
鉱業で加速するデジタル・ツイン
川村 洋平 池田 啓鳥屋 剛毅
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 32 巻 4 号 p. 107-112

詳細
抄録

モノのインターネット(IoT)の拡大と拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の発展により,デジタル・ツインの概念が注目され始めている.鉱業のためのデジタル・ツインにおいても他産業のデジタル・ツインと同様に物理世界の仮想表現でありクラウドデータプラットフォーム上の代表的な構造に格納される.デジタル・ツインは一般的なモデルやシミュレーションとは異なる.実世界のデータを使用してデジタル空間で再現およびシミュレートするという概念は目新しいものではない.ただし,デジタル・ツインと一般的なシミュレーションの違いは現実世界の変化をデジタル空間で再現でき,リアルタイムで相互にリンクできるところにある.IoTの拡大に伴い,実世界のデータがリアルタイムで自動収集されネットワークを介してデジタル空間に即座に反映されるようになった.これにより,実世界のオブジェクトとデジタル空間モデルの類似性を維持することが可能となった.この観点から,デジタル・ツインは実世界では「ダイナミック」な仮想モデルと見なされる.鉱業におけるデジタル・ツイン技術により、さまざまな目的でのマイニングモデリングが可能になる.

著者関連情報
© 2021 日本情報地質学会
前の記事 次の記事
feedback
Top