J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

地質学雑誌
Vol. 110 (2004) No. 6 P 372-383

記事言語:

http://doi.org/10.5575/geosoc.110.372

論説

長崎県茂木地域の長崎変成岩類は, 茂木スラスト (新称) を介して, ユニットIとIIに区分される. ユニットIはスラスト上盤に相当し, 千枚岩から無点紋片岩, 変斑れい岩および変花崗岩からなる. ユニットIIはその下盤にあたり, 点紋帯の片岩で構成されている. 前者はパンペリー石—アクチノ閃石相から緑色片岩相の緑泥石帯に, 後者は緑色片岩相の黒雲母帯に相当する. 泥質変成岩中の炭質物d002値はユニットIが3.550—3.414Å (broad) を, ユニットIIが3.3619—3.3569Å (sharp) を示し, 白雲母K-Ar年代は前者が214—162Maを, 後者が87—86 Maを示す. 以上のデータから, 茂木スラストは野母半島南西部地域の脇岬—深堀スラストの延長であり, ユニットIが内帯の周防帯に, ユニットIIが外帯の三波川帯にそれぞれ帰属すると結論される. また, 茂木スラストと脇岬—深堀スラストを一括して, 野母構造線と新称し, 古中央構造線に対比する.

Copyright © 2004 日本地質学会

記事ツール

この記事を共有