地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
ISSN-L : 0016-7630
論説
沖縄島および周辺諸島に分布する先新第三系基盤岩類の全岩化学組成と砕屑性ザクロ石化学組成
宮城 直樹馬場 壮太郎新城 竜一
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 119 巻 10 号 p. 665-678

詳細
抄録

本研究では砂岩および緑色岩の全岩化学組成に基づき,後背地の構成要素および造構場の推定を試みた.その結果,伊平屋ユニットは陸弧・開析された島弧を後背地とすること,本部ユニットは異なる後背地に由来する堆積物が二次的に混合し,形成したことがそれぞれ示唆された.名護層,嘉陽層は大陸縁島弧から活動的大陸縁,陸弧・開析された島弧を後背地とし,両層の砂岩はNbの元素含有量で2つのグループに区分できることが明らかとなった.また,慶良間層は名護層と一連の地質体と考えられていたが,砂岩の化学組成は著しく異なっている.四万十帯相当層である名護層・嘉陽層の測定結果を四国西部に分布する四万十帯と比較すると,Sr,Ni,Crなどの含有量に相違が認められ,これは供給源に苦鉄質岩類が含まれることや,後背地の気候条件の相違に由来すると考えられる.

著者関連情報
© 2013 日本地質学会
前の記事 次の記事
feedback
Top