地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
日本地質学会第121年学術大会(2014年・鹿児島)巡検案内書
桜島火山
小林 哲夫佐々木 寿
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 120 巻 Supplement 号 p. S63-S78

詳細
抄録

桜島火山は鹿児島湾最奥部を占める姶良カルデラの後カルデラ火山であり,その誕生は26,000年前である.歴史時代にも多くの噴火を繰り返したが,ちょうど100年前の大正噴火(1914年)で流出した溶岩で瀬戸海峡が埋め立てられ,大隅半島と陸続きとなったのは有名である.その後も山頂~山頂付近に生じた火口で活発な噴火活動を続けており,日本を代表する活火山である.本コースでは,桜島火山の歴史時代の噴出物や最新の火山地形を観察する.特に大正噴火の西側火口から噴出した火砕物質と溶岩流の産状を詳しく観察し,噴火の推移を考える.

著者関連情報
© 2014 日本地質学会
前の記事 次の記事
feedback
Top