地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
ISSN-L : 0016-7630
総説
日本の三畳紀・ジュラ紀層状チャートに記録された地球外物質の付加
尾上 哲治佐藤 峰南
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 121 巻 3 号 p. 91-108

詳細
抄録

層状チャートは堆積速度が非常に遅く,陸源性の粗粒砕屑物を含まないため,地球外物質の混入をみつけやすいという特徴がある.本研究では,西南日本のジュラ紀付加体である美濃帯および秩父帯の三畳系・ジュラ系層状チャートに残された地球外物質付加の記録についてレビューした.これまでの研究では,コズミックスフェルールとよばれる大気圏突入時に溶融した宇宙塵が,美濃-丹波帯および秩父帯の三畳紀・ジュラ紀層状チャートから発見されている.これらのコズミックスフェルールは,鉄質タイプと珪質タイプに分類され,鉱物組成や全岩化学組成から地球外物質であることが明らかにされている.また層状チャートの白金族元素やオスミウム同位体比の分析から,三畳紀後期の層状チャートには,隕石衝突の証拠が残されていることが明らかになった.

著者関連情報
© 2015 日本地質学会
前の記事 次の記事
feedback
Top