地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
ISSN-L : 0016-7630
論説
歴史時代に噴出した同一火山由来の軽石層の同定:
宮崎平野で見出された桜島文明テフラの例
生田 正文丹羽 正和檀原 徹山下 透丸山 誠史鎌滝 孝信小林 哲夫黒澤 英樹國分(齋藤) 陽子平田 岳史
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 122 巻 3 号 p. 89-107

詳細
抄録

既往文献の火山ガラス屈折率データからは識別が困難であった桜島の歴史時代の噴火(文明,安永,大正)軽石について,本研究では火山ガラスの水和部と未水和部とを区別して屈折率測定を行い,斜方輝石の屈折率も含めてそれぞれの軽石に違いがあることを見出した.一方,宮崎平野南部で掘削したコアに含まれる軽石濃集層に対して鉱物組成分析,火山ガラスの形態分類や屈折率測定,斜方輝石の屈折率測定,および炭質物の放射性炭素年代測定を行い,本研究による歴史時代の桜島噴火起源の軽石の分析と比較した.また,それぞれの火山ガラスについてレーザーアブレーション誘導結合プラズマ質量分析法による主成分・微量元素同時分析を行った.その結果,軽石濃集層は桜島文明テフラに対比されることが判明した.桜島文明テフラは,軽石の状態で宮崎平野南部まで到達していた可能性が高い.

著者関連情報
© 2016 日本地質学会
次の記事
feedback
Top