地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
総説
琉球海溝沿いの古津波堆積物研究
後藤 和久
著者情報
キーワード: tsunami, boulder, Ryukyu Trench, earthquake
ジャーナル フリー

2017 年 123 巻 10 号 p. 843-855

詳細
抄録

琉球海溝沿いの古津波研究は約50年にわたり行われてきた.特に,津波石と呼ばれる沿岸巨礫群の研究から,先島諸島では数百年間隔で巨大津波が繰り返したと考えられる.その一方で,奄美・沖縄諸島では少なくとも約2300年もの間,巨大津波が発生した痕跡が見られないことが指摘されている.この結果は地震学的研究によっても支持されており,琉球海溝においては巨大地震・津波発生履歴と規模に大きな地域差があることを示唆していると考えられる.一方,砂礫質津波堆積物の研究は,調査適地が少ないという問題からあまり実施されておらず,中小規模の古津波履歴を把握するためにも,今後の調査研究が望まれる.

著者関連情報
© 2017 日本地質学会
前の記事 次の記事
feedback
Top