地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
1997年8月16日秋田焼山火山の水蒸気爆発(速報)
林 信太郎伊藤 英之千葉 達朗
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 103 巻 9 号 p. XXVII-XXVIII

詳細
抄録

1997年8月16日午前11時頃, 秋田焼山(標高1366m)山頂の北東500mの空沼(からぬま)付近で水蒸気爆発が発生し, 同時に継続時間約1時間の火山性微動が観測された. 噴火の起こった地点は1949年の火口群の位置にほぼ相当する(第1図; 津屋, 1954). ここでは, 噴火の二日後の18日に撮影した写真を中心に水蒸気爆発噴出物およびその火口について紹介する. 現時点で見つかった地質学的証拠から8月16日の噴火の過程を再現すると次のようになる: 1) 新火口b1あるいはb2から泥が吹き出し, 空沼火口に「泥流」となって流れ込み, 2) 次に新火口aから火山灰, 噴石が噴出, 3) 最後に新火口b2から少量の泥が噴出し. それ以前の堆積物を同心円状におおった. なお, 今回の噴火の総噴出量は1万m3以下と推定される.

著者関連情報
© 日本地質学会
前の記事
feedback
Top