地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
北海道駒ヶ岳火山, Ko-fテフラの加速器14C年代
奥野 充吉本 充宏荒井 健一中村 俊夫宇井 忠英和田 恵治
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 105 巻 5 号 p. 364-369

詳細
抄録

北海道駒ヶ岳火山, Ko-fテフラの噴出年代は, 約3.0 kyr BPとされてきた.それは, Ko-f直上の土壌について, 2750±110 yr BPの14C年代が得られていたためである.しかし, テフラ直上の土壌の14C年代は, その噴出年代と大きく異なることがある.そこで筆者らは, Ko-f直下の腐植質土壌やその上下の炭化木片の14C年代をAMS法により測定した.Ko-f直下の土壌の14C年代は, 5480±90 yr BP(NUTA-5783)と5530±80 yr BP(NUTA-5785)で1σの誤差範囲内で一致する.この一致は, 2つの試料の閉鎖系がほぼ同時に成立したことを示す.すなわち, これらがKo-fの噴出年代を示すと考えられ, 約5.5 kyr BPと推定できる.この噴出年代は, 2点の炭化木片の14C年代とも調和する.この14C年代のキャリブレーションから, 約6.3 cal kyr BPの暦年代が得られる.Ko-f噴火に先行する休止期間は, 1000年に満たない.

著者関連情報
© 日本地質学会
前の記事 次の記事
feedback
Top