地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
秋田県秋田市東部「貝の沢温泉井」の鮮新統有孔虫化石および石灰質ナンノ化石層序と古環境
花方 聡渡邉 和恵
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 107 巻 10 号 p. 620-637_2

詳細
抄録

秋田市東部「貝の沢温泉井」の有孔虫および石灰質ナンノ化石の検討を行った結果, 鮮新統の浮遊性有孔虫化石帯Globorotalia ikebei/Orbulina universa Zone, Globigerina pachyderma (dextral)/Globorotalia orientalis Zone, 底生有孔虫化石帯Miliammina echigoensis ZoneおよびUvigerina akitaensis Zone, そして石灰質ナンノ化石帯のCN12a Subzoneをそれぞれ設定または認定した.また, 古環境を推定した結果, ほぼ船川層から天徳寺層にかけての層準が上部漸深海帯以深の, 全体として寒冷な水塊環境下で堆積したことを確認した.また, G. pachyderma/G. orientalis Zoneでは比較的温暖な水塊の流入を示唆する有孔虫群集の産出が認められた.

著者関連情報
© 日本地質学会
前の記事 次の記事
feedback
Top