地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
焼岳火山群の地質 : 火山発達史と噴火様式の特徴
及川 輝樹
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 108 巻 10 号 p. 615-632

詳細
抄録

飛騨山脈南部に位置する焼岳火山群の地質,火山発達史,噴火様式の特徴を,火山層序学,K-Arおよび14C年代測定値などを基に明らかにした.焼岳火山群は,大棚,岩坪山,割谷山,白谷山,アカンダナ,焼岳の6つの火山に大別され,26ka以降に活動した新期(焼岳,アカンダナ,白谷山)と120-70kaに活動した旧期(割谷山,岩坪山,大棚)に分けられる.最も若いマグマ噴火は,2.3ka(calBP)の中尾火砕流堆積物と焼岳円頂丘溶岩である.この火山群は,複雑な斑晶組み合わせをもつ安山岩からデイサイト質の溶岩ドームおよび溶岩流とそれに伴うblock and ash flow堆積物で構成される.この火山群は,その一生を通して降下軽石やスコリアを噴出せず,爆発的な噴火は行わなかった.新期焼岳火山群の長期的マグマ噴出率は0.1-0.35km3/kyであり,この値は日本の第四紀火山の平均的な値である.しかし,焼岳火山群の体積は日本の平均的な火山より小さい.つまり,焼岳火山群は活動時期が短いがゆえに体積が小さい.最近の噴出率が落ちていないことを考慮に入れると焼岳火山群の活動はまだ続き,今後も溶岩ドームおよび溶岩流の形成とそれに伴うblock and ash flowの形成という非爆発的な噴火を繰り返すと考えられる.

著者関連情報
© 日本地質学会
次の記事
feedback
Top