J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本老年医学会雑誌
Vol. 47 (2010) No. 3 P 257-261

記事言語:

http://doi.org/10.3143/geriatrics.47.257

症例報告

我が国は食塩感受性高血圧が多く臓器障害の危険が高い.治療は減塩,レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(以下RASと略す)の抑制,利尿薬で,近年サイアザイド/アンジオテンシンII受容体拮抗薬(以下ARBと略す)合剤の使用が増している.特に高齢者の有用性が高まるが,このたび降圧加療で利尿薬内服中,意識障害を伴う低Na血症で入院した2例を経験した.
症例1は78歳女性.サイアザイド/ARB合剤内服開始2カ月後,嘔吐・腹痛で受診しNa 118 mEq/Lで入院.臨床所見上脱水があったが,検査所見で尿中Na排泄亢進,レニン値正常,アルドステロン低値とRASの賦活はなく,低浸透圧血症にもかかわらず高張尿,ADHの相対的分泌亢進を認め,Mineralcorticoid responsive hyponatremia of elderly(以下MRHEと略す)様の病態が認められた.利尿薬中止18日後Na 139 mEq/Lに改善するもADHの相対的分泌亢進は残存し,K 5.0 mEq/L,TTKG 3.5と遠位尿細管のmineralcorticoid作用低下は残存した.症例2は64歳女性.サイアザイド系類似利尿薬内服開始1カ月後,嘔吐・下痢で受診しNa 111 mEq/Lで入院.検査・臨床所見上症例1同様MRHE様病態を認め,同薬中止後等張輸液で治療したが低Na血症が遷延し,2%高張食塩水で加療.21日後Na 149に改善したがADHの相対的な分泌亢進と遠位尿細管機能低下は残存した.
高齢者低Na血症の原因の一つにMRHEという病態が提唱され,遠位尿細管障害が一因とされている.このたび経験した2例ともかねてより遠位尿細管機能障害があったと考えられ,このような病態下での利尿薬投与は意識障害を伴う程の低Na血症に至る可能性があり注意が必要と考えられた.

Copyright © 2010 一般社団法人 日本老年医学会

記事ツール

この記事を共有